娘は想像以上に大興奮しながら「魔女の宅急便」を見てくれました。

「となりのトトロ」や「猫の恩返し」が大好きな娘に「魔女の宅急便」を見せてやりたいなと思い、テレビ放映されないかとけっこう何年も待っているのに放送されそうにないので諦めてレンタルしてくることにしました。それが小さなレンタルショップで一本しか置いていなくて借りられていたんです。一週間程してまたお店に行ってみたら戻って来ていました。ハロウィン前だったので魔女映画をみたい人がいたのかもしれませんね。念願の「魔女の宅急便」は思ったとおり娘に大ウケです。見る時の集中力が半端ないです。最後のデッキブラシで飛ぶ名シーンに至っては大興奮で絶叫しながら飛びついて来ました。「がんばれ!がんばれ!」とトンボを助けようとするキキを本気で応援し、泣きながら無事助かった事を喜んで拍手していました。女の子の成長物語とかまだ分かっていないんでしょうけど、4歳児をこれだけ感動させられるなんてさすがジブリです。ディズニー映画でもここまで興奮したことはありません。また何年かしたら借りて来て一緒に何度もみたい作品だと思いました。