各種植物の箇所について学業をしていた

花の要素について授業しました。レンゲソウ(蓮華草)は、マメ科で通称ゲンゲといいます。根に根粒バクテリアが共生していて、気分インサイドの窒素を栄養になるように変えます。そこで緑肥として田や畑にしばしば植えられます。長さ約12mmの花が7〜10個輪状にさくと蓮の花に似ています。オオイヌノフグリは、ゴマノハグサ科で日当たりの良い畑や道ばたに生えます。実りが犬のふぐり(こうがんの入った袋)に似ています。直径8mmほどの花はさわると落ち易いだ。明治時代の初めに欧州から来た帰化植物だ。オドリコソウ(踊子草)はシソ科で半日かげに生え、高さ30〜50cmで堂々立ちます。ホワイトまたは淡紫色の花は、笠をかぶった踊子のようです。花の備えねから、みつが大方掛かるので吸うと生易しい味覚がし、昆虫も一心に訪れます。花の肩書きについて授業しましたが、知らなかった花の肩書きばかりだったので勉強して良かったなと思いました。復習目指すなと思いました。http://www.thefranchisingauthority.com/